ありのままの自分を好きになることが、
なりたい自分になる第一歩

2016.12.03

SLP※として、異国の地で様々なコミュニケーション障害をもつ子どもたちに寄り添う吉田さん。逃避していた過去から“ありのままの自分を受け入れること”にたどり着くまでのお話を伺いました。

※SLP(Speech Language Pathologist:言語聴覚士)

TELL US YOUR STORY:

きつ女録のご意見、ご感想をお寄せください。

​また、登場いただける方も募集しています。いずれも、下記フォームからご連絡ください。

吃音の症状があらわれたのは、3歳くらいの頃。それでものびのびとした子供時代を送っていたが、突如、予期不安に悩まされるようになる。

 

中学から続けていた卓球で高校へ推薦入学しましたが、2年生の時に退部しました。突然…どもりの予期不安が来たんです。

 それまで吃音は、学校、私生活において、特別に重度といえるような支障はなく、当時卓球部のキャプテンをしていて、“全員集合”の声かけもしていました。何の言葉か覚えていないのですが、部員を集める声掛けで、初めの音が出せない恐怖に、ある日ある時に陥ったのです。

 そして、その日、部活を退部しました。吃音のことをコーチに打ち明けて、大きな胸で泣いたのを覚えています。

 『マネージャーでも、話さないでもいいから、チームに残ってほしい』と言われましたが、暴露してしまった以上、そこに居ることはできませんでした。

 

 これは私の家族はもちろん、未だに誰も知りません。今思うと、この時の退部という解決方法が、後に起こる職場や対人関係のトラブルから“逃避”する手段として、どんどん増強していったのです。」

商業高校をギリギリの成績で卒業し、様々な短期のアルバイトをした。

 

「吃音の予期不安が生じる度、『知られてはいけないものを知られそう』という恐怖に陥り、その直後に、その環境、関わっていた人から逃避しました。

 この繰り返しで20代がダルマころがしのように過ぎて…。また、そのころから摂食障害が同時進行し、現実の自分を否定し続けました。『今のどもっている自分、太っている自分は本来の自分ではない、私の本当の人生は話し上手で、痩せてきれいになってから始まる』と。

 

 吃音から、そして自分と向き合うということから逃げ続けていた長い歳月は、気が付かぬ間に様々な心の症状、恥、罪悪感、対人恐怖、不安等をどんどんと病化していったのです。振り返って言えることですが。」

 

1

© 2019 きつおん女子の会
 

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now