吃音者の支援活動に関わり続けたい

2019.4.1

CADオペレーター
​千葉 秀美さん

みんなが考える、仕事、家族との関係、結婚・・・

”後悔の無い自分らしい生き方”と言える今にたどり着くまでの道のりとこれからを千葉さんに伺いました。

IMG_7587_edited.jpg

吃音が出始めたのは、幼稚園に通っていた4歳ぐらいだったと思います。当時、一緒に暮らしていた祖母から、「この子はごっこだ。」と言われたことを覚えています。

“ごっこ”というのは、宮城県の方言で、ホテイウオのことを指すのですが、回遊して繰り返し戻ってくる習性から、どもる人のことをそう呼んでいたそうです。

この一言で、「私って変なのかな」と思うようになり、母も祖母に倣って、私の吃音を指摘するようになり、どもらないようにしようと思えば思うほど、どもりは酷くなっていきました。

高校卒業後、いったん就職し、一般事務の仕事をしましたが、1年ちょっとで辞めてしまいました。電話で苦労して、精神的に辛くなったからです。

 

その後、短大に進学し、再度就職活動をする際、事務職は無理だとわかっていたので、それ以外の職種で就職先を探しました。

当時、女子の求人は一般事務がほとんどで、専門職としては、SE※1がポツポツ、そして、CAD※2オペレーターという初めて目にする職種があり、よくわからないまま受けてみたところ、卒業寸前のところでなんとか採用が決まりました。

 

結果的に、その会社を受けて良かったです。

CADオペレーターの技術を身につけることができ、今、こうして50歳を過ぎても仕事をいただけるのは、この技術のお陰だと思っています。

※1 SE(System engineer)コンピューターシステムに関わる業務を行う職種。

※2 CAD(Computer Aided Design)設計ソフト。主に物や建築物の設計図作成に用いられる。

1
TELL US YOUR STORY:

きつ女録のご意見、ご感想をお寄せください。

​また、登場いただける方も募集しています。いずれも、下記フォームからご連絡ください。

© 2019 きつおん女子の会
 

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now